カードローンのメリット

積極的にカードローンの利用を検討していただくためには、まずメリットの紹介をしたいと思います。ここで強調したいことは、一般の個人の方が利用する既存の貸金業の融資より利便性がいかに優れているかに関してです。

金利が貸金業者より一般に低い

カードローンのメリットとして、一般的な貸金業者と比較して金利が低めに設定されているため、返済中の利息の負担を抑えられるというメリットがあります。例えば、百万円以上の高額な借入を希望する場合には、一…

read more

貸金業法の総量規制の適用を受けない

2010年に貸金業法が大きく改正され「総量規制」というものが設けられるようになりました。この総量規制はお金を借りる立場の人にとって非常に大きな影響のあるものなのですが、きちんと理解している人は意外…

read more

金利の高い消費者金融、クレジットカードローン、ショッピングリボ払いの借換に利用できる

カードローンの中には、限度額が数百万円を超えるサービスがあります。もちろん少額の借り入れよりも厳しい審査が行われますが、安定した収入があれば審査に落ちる可能性はそう高くありません。消費者金融などの…

read more

カードローンは審査が行われます

カードローンは収入・借り入れ状況などの審査が行われますので、毎月一定の収入が無い場合は借り入れをお断りされる場合もあります。

カードローンのデメリット

カードローンを使うにあたっては、「お金を借りる」という利便性に加えて「返済を問題なく行う」という点にも十分留意が必要です。ここでは、カードローンのデメリットとしてこの「返済」という点に関する注意点を理解してもらいたいと思います。

金利が変動金利制である場合、定期的に金利を見直すため、金利が上昇するリスクがある

リモートバンキングでカードローンの明細を確認できない時、定期的に郵送される明細のみでしか確認できない

総量規制の適用を受けないため、逆に、過剰融資に陥り、カードローン破産という結果を招き易い