貸金業法の総量規制の適用を受けない

貸金業法の総量規制って?

2010年に貸金業法が大きく改正され「総量規制」というものが設けられるようになりました。この総量規制はお金を借りる立場の人にとって非常に大きな影響のあるものなのですが、きちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。
この総量規制とは、簡単に言うと個人の借入総額が年収の3分の1以下までに制限するということです。総量規制の導入前は年収に関係なく借入枠が作れたので、大金を借りることが出来なくなったということになります。
貸金業者1社に対してと勘違いしている人も多いですが、個人に対する借入の総額を規制するものなので複数の貸金業者から借りている場合、その複数の業者を合わせた借入額が規制の対象です。

カードローンでも総量規制の対象外のものはある?

カードローンでも総量規制の対象外があるのをご存知でしょうか。総量規制というのは貸金業者に対する法律になりますので、貸金業者以外のカードローンであれば総量規制の対象外となるのです。貸金業者以外のカードローンと言っても理解し難いかもしれませんが、簡単に言えば銀行系カードローンのことです。貸金業者というのは消費者金融・クレジット会社・信販会社の3つを指しているので銀行は含まれていません。一見、消費者金融であっても銀行系カードローンであれば対象にはならないのです。
以前は消費者金融でしたが、吸収合併などで今は銀行系カードローンになっているケースなどもあるのでよく確認すると良いでしょう。
また、緊急の医療費やおまとめローンなど借りる目的などによっても総量規制の対象外となるケースもあります。