金利の高い消費者金融、クレジットカードローン、ショッピングリボ払いの借換に利用できる

複数の返済日に気を揉むこともありません

カードローンの中には、限度額が数百万円を超えるサービスがあります。もちろん少額の借り入れよりも厳しい審査が行われますが、安定した収入があれば審査に落ちる可能性はそう高くありません。
消費者金融などの融資に適用される金利は、元本が大きくなるほど低下していきます。数十万円までのカードローン金利が15%前後なのに対して、住宅ローンが3%ほどの金利であることからもわかるでしょう。つまり、借金は一つに借換して、一社からの借り入れを大きくする方が金利の支払いがずっと少なくなるのです。また、返済日についても月一回になるため、引き落としから来るストレスを軽減できるでしょう。リボ払いと違って金利の計算もシンプルになり、総支払金額が把握しやすくなるメリットもあります。

金利支払いを少なくすることが生活再建への近道

例えば複数の金融業者から300万円を借り入れていた場合、年利を15%とすると、年間の金利支払いは45万円にもなります。(実際は返済していくので少なくはなりますが)
この債務を一社のカードローンにまとめれば、300万円ほどの融資を受けることになり、金利としては10%以下、殆どの場合はもっと低くなるでしょう。例えば8%で借りられただけでも、年間の金利支払いは24万円となり、年間21万円もの違いが出てくるのです。(こちらも返済しながらなので差は少なくなります)
これだけ条件が変われば返済スピードを上げることができますし、債務整理をしなければならない状況からも脱出できるのではないでしょうか?もし複数の借金で悩んでいる場合は、借換で一つにまとめることを考えてみましょう。