リモートバンキングでカードローンの明細を確認できない時、定期的に郵送される明細のみでしか確認できない

カードローンを利用しているのがばれる可能性

お金を借りる行為に抵抗を持つ人は多く、子供が借り入れをすれば親が心配をしますし、夫婦のどちらかが黙って借りていれば一方は心配します。最近はばれずに利用できるカードローンもあり、そちらを利用する人もいるかもしれません。残高などはネットなどで確認でき、書類などが自宅に来たりしません。ただ、中小のカードローン会社などだとネットを通じての借り入れなどに対応しておらず、リモートバンキングでローン明細が確認できません。定期的に利用に関する明細が郵送されてくるので、その書類で確認する必要があります。郵送書類に差出人などが無ければスルーされるときもありますが、ローン会社から送られてきたとわかれば借入がばれてしまいます。

どんな時に郵送されるかを知っておく

カードローンは、事前にカードを作っておくと自由に借り入れができるサービスです。カードありきのサービスですが、最近はすべてネットで完結できるサービスもあります。カードローンでありながらカードがありません。審査も明細もすべてウェブ上で行えるので、パソコンなどを見られなければ家族にも知られません。ただしいくつかのケースで書類が郵送されるときがあります。まずはローン会社以外のATMを利用して借入や返済を行ったときです。ローン会社のATMや窓口を使えば郵送はありません。返済遅延をするときにも遅延に関する書類が届く可能性があります。返済ををきちんとしていれば届きません。送られてくるケースとそれを防ぐ方法を知っていれば、家族に知られません。