総量規制の適用を受けないため、逆に、過剰融資に陥り、カードローン破産という結果を招き易い

銀行カードローンの誤った使い方

カードローンを利用するとき、銀行のサービスか消費者金融のサービスかの選択をします。どちらにもメリットとデメリットがあり、銀行カードローンは金利が低めになるメリットがあります。ただし審査は消費者金融よりも高くなるデメリットがあります。その他のメリットとして、総量規制の適用を受けない点があります。収入に関係なく利用できるので、いろいろな買い物に使えます。総量規制がかからない部分が逆にデメリットになるときもあります。規制がない分、自分で借入額のコントロールをしなければいけません。いつの間にか返済が難しくなるくらい借りてしまい、自己破産などの債務整理が必要になるかもしれません。メリットをデメリットにしないよう注意しないといけません。

収入があると作れてしまう

生活をするにはお金が必要ですが、足りなければその分生活が不自由になります。その時にうまく借入サービスを利用すると生活を充実させられるでしょう。借入はうまく利用すれば問題はありませんが、返済できないぐらいに借りると破産につながります。消費者金融系のカードローンは総量規制があるため、収入条件などが合わないとカード自体が作れません。しかし銀行系のカードローンは総量規制がないので、収入条件を満たせば作れてしまいます。既に一定の借入を持っていて返済に困っている人でも作れるので、多重債務になる可能性があります。なぜ総量規制の仕組みがあるのかが分かれば作るのを躊躇するかもしれませんが、裏技として使おうとする人はどんどん借りてしまうかもしれません。